2008年02月07日

ジャガー・ルクルト

ジャガー・ルクルト



ジャガー・ルクルト



スモールセコンド仕様のオリジナル・レベルソの登場です。
豊富な文字盤のバリエーションを持つレベルソではありますが、角型の王道的な夜光のアラビア数字のモデルは意外と少ないかもしれません。


アンティークウォッチ




ヴィンテージウォッチ



また、この個体に見られるグレーイッシュな夜光の焼けが独特な存在感を醸し出しています。ケースはイングレーブも無く、稼動部もスムーズに反転し、きっちりとおさまる、心地よいコンデションのレベルソです。


ジャガー・ルクルトの

アンティークウォッチはコチラ!!

【関連する記事】
posted by ヴィン at 18:08| Comment(43) | TrackBack(7) | ジャガー・ルクルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

ヴィンテージ腕時計 モバード

ヴィンテージ腕時計 モバード



ヴィンテージ腕時計 モバード


ブレゲ数字があしらわれたモデルを収集する愛好家は数多くいらっしゃいます。
パテック・フィリップを始め、ロンジン、ジラール・ペルゴー等に美しいブレゲ数字の文字盤は見られ、このモバードもブレゲ数字のモデルがいろいろ存在し人気を集めています。


ヴィンテージ腕時計 モバード



文字盤はやや強く経年変化をしていますが、オリジナルコンディションの状態を維持し、販売店のShreve Crump & Low Coのロゴ表記がなされたちょっと珍しいモデルです。


ヴィンテージ腕時計 モバード


15石のテマキの機械を搭載しており、年代のわりには、機械・文字盤共に良い状態を保っていると思います。

ラグの形がユニークです。文字盤や針の雰囲気も良く、アンティークらしい1本です。

ヴィンテージ腕時計 モバード


メーカー  モバード
モデル   アクバティック
製造年代  1940年代
機械種類  手巻き
ケース形状 ラウンド
ケース材質 ステンレススチール
サイズ   28mm


アンティークウォッチのショップはコチラ!!


タグ:モバード
posted by ヴィン at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モバード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

オメガ

オメガ

シーマスター オートマチック クロノグラフ


オメガ



アンティークウォッチでは相当珍しいシーマスタークロノグラフの入荷です!!
クロノグラフにして3つ目ではなく、2つ目、ホワイトのインナーベゼルとのコントラストが美しい深海を思わせるブルーダイヤル、飛行機型の60分積算計針など、70年代のオメガを色濃く感じさせる1本です。デイト表示に6時位置の12時間積算計、9時位置の秒針&24時間針、そしてセンターにはクロノ針&オレンジ色の60分積算計と、飽きさせないデザインとなっています。

クリック


搭載キャリバーはCal.1040、28800振動というアンティークウォッチと呼んでよいのか!? ハイビートマシンです。


オメガ


 年代   1970年代
機会種類  自動巻き
ケース形状 クッション
ケース材質 ステンレススチール


オメガのアンティークウォッチはコチラ!!

タグ:オメガ
posted by ヴィン at 02:21| Comment(0) | TrackBack(1) | オメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ハミルトン・ネイビー

HAMILTON NAVY H77 645 333


20気圧防水を備えた多機能時計でありながら、マルチプルクラウンとインナーベゼルを採用したスタイリッシュなフォルムを備える「カーキ・ネイビー」。

ハミルトン



第2時間帯を備えた「カーキ・ネイビー・GMT」にはストラップに最高級素材のアリゲーター革を使用したモデルもあり、世界を舞台に活躍するビジネスユースから優雅なリゾートライフまで様々なフィールドに幅広く対応する。
この冬の新作です!!


ハミルトン




ハミルトン



ハミルトンのお申し込みはコチラ!!

タグ:ハミルトン
posted by ヴィン at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | HAMILTON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

ヴィンテージ ロレックス

ヴィンテージ ロレックス

オイスターロイヤル モデル
レールウェイ、インデックスが浮き彫りとなった人気の1930年代オイスターロイヤルです。

ロレックス


アンティークならではの手の込んだつくりと味わい深い雰囲気を感じさせる1本です。

アンティーク


よく目にするブルースチールの長短針モデルとはことなる金色針に、30年代の大型リューズ、子ぶりながらもインパクトのある文字盤はまさに古き佳き時代を象徴するアンティークロレックスです! 

クリック


メーカー ロレックス
モデル  オイスターロイヤル
製造年代 1930年代
機会種類 手巻き

アンティークロレックスのお申し込みはコチラ!!

posted by ヴィン at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ロレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティファニー

ティファニー 懐中時計


アンティークなティファニーの懐中時計を紹介します。
文字盤、ケース、ムーブすべてにティファニーのサイン入り。

ティファニー

ガンギ車ブリッジに保油装置、角穴丸穴車にウルフティース搭載されています。
ヴィンテージなグレードの高いモデルであること以外に、ケースに刻まれた男性像とその下のFERRO COMITEと書かれた文字を調べると、この人物はイギリス出身のサミュエル・リデル・マクレガー・メイザース19世紀末から20世紀初頭にかけての神秘家。
フリーメイソンリー、英国薔薇十字団の会員で黄金の夜明け団を設立した人物ではないかと推測されます。

懐中時計

ケースの反対側に記されたEMMの文字はおそらく時計の持ち主と関係があるのではないでしょうか。

英国薔薇十字団

このような一つ一つのディテールからいろいろな想像を掻き立てられる興味深い時計です。

ティファニー懐中時計のお申し込みはコチラ!!


posted by ヴィン at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ティファニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ロンジン ステップベゼル 1940年代

ロンジン ステップベゼル 1940年代


一見するとスクリューバックケース仕様のお馴染みのロンジンステップベゼルですが、よく見るとインデックスがタイ数字表記になっており、ロンジンのロゴ下にはバンコクという表記もあります。


クリック



全体的に焼けた味のあるツートーンダイヤルといい、それに映える鮮やかなブルースチールの長短針といい、アンティークウォッチらしい趣のある1本といえるのではないでしょうか?


ロンジン



ロンジンステップベゼル系のなかでもまさに異色の逸品です。
ご注文はコチラ!!
 ↓↓↓↓
アンティークウォッチ専門店


posted by ヴィン at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

アンティーク時計のよくある質問集

アンティークウォッチによくある質問


Q1.アンティークウォッチの魅力って・・・?

A1.当時の職人の時間をかけた手仕事によるつくりや、現代とはことなる個性溢れる雰囲気とデザイン。
1点ものともえる時計のなかから自分だけの1本をセレクトする楽しみも魅力のひとつです。


Q2.アンティークウォッチの精度はどのくらいですか?

A2.メンズウォッチは日差30秒程度を目指して調整しておりますが、年代やコンディションにより精度に違いが生じます。
そのような場合でもなるべく日差1分以内に入るように調整するようにしております。レディースウオッチですと、日差1分から3分程度です。


Q3.アンティークウォッチの防水性は?

A3.アンティークウォッチの場合、非防水のモデルも多く、防水性能を備えたモデルでも経年劣化により、その性能は万全ではありません。
湿気や水にはご注意していただく必要があります。


Q4.アンティークウォッチの寿命はどれくらいですか?

A4.その時計の状態やパーツの消耗具合など、寿命を決めるための様々な要因がありますので一概には判断できません。ただし定期的にメンテナンスをすることにより、数十年にわたってご使用いただけます。


Q5.自宅でできる簡単なメンテナンス方法を教えてください。

A5.アンティークウオッチは非防水ですので、湿気に当たらないように保存してください。
また、使用しない間はたまに動かして様子を見たほうがよいでしょう。
長く保存したものは油が切れてパーツ同士が磨耗しますので動かさずに、OH(オーバーホール)にお出しすることをお勧めします。
もっと詳しくはココ!!
↓↓↓↓
アンティークウォッチ

タグ:Q&A
posted by ヴィン at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

アンティークウォッチ

アンティークウォッチとは


一般的には100年以上を経過した物をアンティークといいます。
しかし、こと時計に関しては、アンティークの線引きが少々違うようです。

現代の時計の機構、構造は16世紀の時計師ブレゲの時代に確立されています。
その時代の時計に、現在、行方不明となっていますがマリー・アントワネットがブレゲに発注した超複雑懐中時計があります。
彼女はその時計の完成を見ることなく断頭台刑となった話はあまりに有名な逸話となっています。

時代は置時計から懐中時計、腕時計へとサイズダウンと高精度化が進み1940〜1950年代腕時計の黄金期を迎えることとなります。
現在のように誰もが持つ道具と違い使い捨てするものではありませんでした。
その作りの良さから何世代にも継承できるものとなっており、このような性格の道具、いや、作品の製作費は、現在の比較にならない非常に高価なものでした。

1969年、クオーツ時計の出現により、機械式時計の製造は大打撃を受け一時衰退しました。
しかし1970年後半より、吸収合併を繰り返しながら、分業化へ、大量生産化することで製作費を押さえ、新機種を多数発表しながら、現在では復興したと言えるでしょう。
機械式時計の物作りを検証すると、クオーツ時計の出現の前と後では大きな相違があるのは事実です。
このような観点からアンティークと呼べる時計は、1970年代クオーツ時計ができる前の物であると言えます。


詳しくはこちらをクリック
↓↓↓

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。